読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域おこし協力隊と勝秀鍛冶屋見習い

2015年4月より四万十町地域おこし協力隊として活動。任務は「鍛冶屋技術を受け継ぐ事」

炭焼き見習い 嫁

勝秀鍛冶屋見習い 地域おこし協力隊

こんにちは、四万十町地域おこし協力隊、勝秀鍛冶屋見習いの菊池です。

 

今日は炭焼き見習いの菊池です。

焼いてもらっていた炭の取り出しと、次に焼く樫の窯入れを行いました。

次は炭焼き師匠の商売用の炭なので「樫」を焼きます。「樫」は炭として上等で重宝されます。

今回焼いていた松はしっかり良い炭になっていました。

f:id:kajiya40010:20151027205325j:plain

今回から助っ人で嫁が参加しています。

というものの、失礼な話ですが何年か経って、炭焼き師匠もいなくなってしまった後、鍛冶屋で使う松の炭が無いと困るのでその時の為に、嫁と勉強をすることにしました。

炭窯が小さいので炭を出すとき、木を入れるときに小柄な人の方が有利なのです。

私だと効率が悪いのです。

f:id:kajiya40010:20151027210153j:plain

 

四万十町内で出来るだけ自給する鍛冶屋を目指しています。

木の切り出しからやりたいですが、それは山猟師を目指す嫁に任せます。

 

これはおまけ話ですが、炭焼き師匠の友達が貂(テン)を捕獲したと聞き、みんなでトコトコ見にいきました。(炭焼き小屋のすぐ下の家)

f:id:kajiya40010:20151027203333j:plain

居ました。かわいい顔して唸って怒りながら、パンを食べていました。

嫁は「自分で捕まえたら、食べて毛皮を採ろうか」と貂を見て考えたらしい。

 

 

※勝秀鍛冶屋に来ても貂の展示はしておりません。自分で捕獲してください。

 

勝秀鍛冶屋
〒786-0504
高知県高岡郡四万十町十川233-2
TEL 0880-28-5429