地域おこし協力隊と勝秀鍛冶屋見習い

2015年4月より四万十町地域おこし協力隊として活動。任務は「鍛冶屋技術を受け継ぐ事」

鍛冶屋は鉄のお医者さん

こんにちは、四万十町地域おこし協力隊、勝秀鍛冶屋見習いの菊池です。

 

f:id:kajiya40010:20151111005136j:plain

横須賀に住んでいた頃、今の時代鍛冶屋なんてほとんどないだろうと正直思っていました。しかし、自分で調べたり、聞いた話によると全国にはまだまだ現役で鍛冶屋をやっている所が多くありそうです。

特に地方の鍛冶屋は完全に地域密着型で、地域の方から農具や山具や包丁等の修理や研ぎ直し、注文品の製作を頼まれ地域に欠かせない、まさに「鉄のお医者さん」です。

(と、読んだ本に書いてありました。)

 

勝秀鍛冶屋もそのひとつで色々な道具の相談に乗っています。

私が勝秀鍛冶屋に来てからも私からすると見た事もない用途不明な道具達を修理や作り直しをしていました。

f:id:kajiya40010:20151111010129j:plain

師匠は使う方の話を良く聞いてから仕事をします。道具の話はもちろんしますが、ほとんどが世間話。師匠は、

「使い手を知ると使い手に合わせた直しができる。」と言います。

確かに修理品は細かい調整をしています。農具だったら柄の長さや角度、刃の付け方も調整をして渡しています。使い手と話をすることで使用頻度や使い方、性格を知り、さらには体調にも合わせ、最適な状態にします。


それこそ「お医者さん」と近いものがあるのでは、と思うところです。

 

 

一人前の「鉄のお医者さん」になるにはかなりの時間が掛かりそうです。

 

 

 勝秀鍛冶屋
〒786-0504
高知県高岡郡四万十町十川233-2
TEL 088-028-5429