地域おこし協力隊と勝秀鍛冶屋見習い

2015年4月より四万十町地域おこし協力隊として活動。任務は「鍛冶屋技術を受け継ぐ事」

連日の鹿!

こんにちは、四万十町地域おこし協力隊、勝秀鍛冶屋見習いの菊池です。

 

続けての狩猟の話となり鍛冶屋はちゃんとやっているのか!?と指摘されそうですが、鍛冶屋はしっかりとやっております。

ただ嫁が狩猟素人な事と私も狩猟について勉強をしたい為に、師匠に許可をもらい駆け付けるようにしています。

 

初めて?ワナに鹿がかかった翌日の早朝、近所の方から役場に電話がかかってきたそうです。

「鹿がワナにかかっている!」

 

それから嫁に連絡が来て、嫁から私のところへ慌てた様子で連絡が来て、見に行くことに。まさかの連日の捕獲か⁉

なぜか鍛冶屋師匠と奥さんも「興味がある。」と一緒に見に行くことになりました。

 

道路から見える位置にかけていたワナにしっかりとしたサイズの鹿がかかっていました!

ワナから外し観察してみます。

f:id:kajiya40010:20170111215515j:plain

着いた頃にはすでに死んでおり冷たくなっていましたが、体を荒らされた形跡はなく綺麗な状態でした。前日この近くで一頭捕獲していてその時の見回りでは掛かっていなかったので、前日夜から早朝にかけて掛かったようです。

メスにしては良いサイズらしい。

冷たくなっていたので血抜きが出来ない。食べない方が良い。

 

しかしせっかく頂いた命をすべて無駄にしたくは無い、と嫁。

綺麗な毛並みの皮をなめして利用することにし、鹿を軽トラに積んで解体小屋へ運びました。

f:id:kajiya40010:20170111222006j:plain

重さは40KG超え、なかなかのサイズの鹿を吊るして皮を剥いでいきます。皮を剥ぐのは二回目でしょうか?

 

私が以前試しに作った解体用の包丁を使って皮を剥いでもらいました。

f:id:kajiya40010:20170111224349j:plain

「いいよ!使いやすい!」

「皮を剥す作業が楽に出来た。」

「厚さも形も大きさも今のところ改善点ナシ!」

という感想をもらいました。が、お互い素人なもんで本当に良いのか悪いのかわかりません!

 

皮は綺麗に剥し肉は山に返しました。ありがとうございました。

後日初めての皮なめしに挑戦してみるそうです。

その模様もいつかお伝えしたいと思います!

 

次回こそは鍛冶屋の話を...。

 

【鉈の勝秀】

勝秀鍛冶屋
〒786-0504
高知県高岡郡四万十町十川233-2

TEL 0880-28-5429