勝秀鍛冶屋見習いと、その嫁

高知県四万十町で鍛冶屋の見習いになった。嫁は狩猟や炭焼きを始めた。

売れました!タヌキ油

こんにちは「その嫁」です。連投ですみません。

以前お伝えしたタヌキ油が

なななななんと!|ω・`)チラ

売れました~!ワーイおめでとう~!

大正の道の駅でも売れた!更にはネットで調べてくれた方が電話注文してくれました。ヤッター!

タヌキありがとう~!地元のオンチャンありがとう~買ってくれた人ありがとう~

思っていたよりも沢山出来て、売れなかったらどうしよう…と心配していました。


f:id:kajiya40010:20190214232626j:image

早速、注文の分は梱包して、タヌキ印を印刷した紙にお礼を書きましたよ。だって嬉しいんだもの。でも四国の人ではなかったので、タヌキ油の使い方が判らないそうです。使用方法も添えて、真偽の程は判らないけど、保湿効果はバッチリ!火傷に効いた!と「その嫁」の使った感想を書きました。

(^^)

あと夕方、近所のオバチャンからの情報

「鹿の油がなんと、何にでも効くがよ~」

「オバチャンの割れた踵にうす~に塗って靴下を履いて寝たら、一晩でキレ~に治ったがよ~」

鹿の油?!夏の雄鹿からしか取れなくねぇが?!だって鹿は元から脂が少ないもの。

「なんと作るのが大変ながね~。ゴトゴト練らないかんて。」

オバチャン貴重な情報をありがとう。タヌキよりも貴重だと思うよ、鹿油。夏の鹿を捕まえたら作ってみよう。

 

おしまい

 

 

無事に猟銃の更新完了

こんにちは「その嫁」です。

本日、やっと猟銃の更新が済みました。

(´ヘ`;)はあ~疲れた

鉄砲を所持している皆様、3年ごとの更新手続きお忘れではありませんか?!警察官も「よく忘れるんだよね~」と言っていました。

更新手続きを忘れたら所持許可が失効されてしまいます。せっかくの鉄砲が無くなってしまいます。

更新手続きの期間は1か月間しかありません。しかも間違いやすいのが【誕生日の1か月前まで】に手続きを済ませること。ハガキなどで更新手続きのお知らせは一切来ません。警察署に提出する書類は何枚もあって、診断書などは3か月以内のものと有効期限がある。「その嫁」は初めての更新です。「不安すぎる~」

不安なくせに「その嫁」は仕事がみっしり詰まっていて暇がなさ過ぎ。でもそんなことは言ってられません。空いた時間でせっせと書類を書いて、役場に行ったり本籍地に問い合わせたり。あ~不安。

書類に不備があってはいけないから事前に警察署にも行って確認してもらいました。

さて、今日は書類も出来たし期限ギリギリ!

最寄りの警察署に行きましたよ。
f:id:kajiya40010:20190214171702j:image

鉄砲を直接見せちゃうとなんか言われそうなのでケースしかお見せ出来ませんが…

この中にバラバラになった鉄砲が入っています。これを「どっこいしょ」と持って行き、警察官の前で組み立てる。思わず警察官に

その嫁「悪いことしているわけでは無いけど緊張する」と本音を言ってしまいました。

警察官「ハハハ…」苦笑い

無事に終わって帰る時は、あれ程重かった鉄砲も軽々。愛車のトラ子(軽トラック)に乗せて家に真っ直ぐ帰りました。

この後は、近くの駐在さんが我が家に来てガンロッカーや弾ロッカーを確認します。ご近所や仕事先に行って身辺調査もするんだって。

日本は刀狩りの時代からお上に銃刀が管理されているのだよ。面白いね日本のレ・キ・シ♡

おしまい

 

 

 

 

やるの?やらないの? クラウドファンディング

こんにちは、勝秀鍛冶屋の菊池です。

悩む…。クラウドファンディングをやってみるかどうか。

新しい工場は1月末に完成しました。完成したといっても建屋だけで中の機械類はなにも入っていません。
f:id:kajiya40010:20190208223545j:plain

地域おこし協力隊の起業支援の補助金(100万円)の期限が迫り、使わせて頂くため建てました。(もちろん補助金の数倍は掛かっていますよ!)
師匠の側で仕事をしながら新工場の道具を揃えていきたいと考えています。

そこで冒頭の話、クラウドファンディングで資金援助をお願いするかどうか、です。


今まではクラウドファンディングでの資金集めについて
「そんなやり方は自分の株を下げているようなもんだ!」
と、思っていました。

理由は

  • 夢を語るのは構わないけど今まで何してたの?夢なら尚更お金の準備出来たよね?貯めてから言いなよ。
  • 金が集まらなかったらどうするの?やめるの?
  • そもそも職人がやっちゃダメでしょ。時間がかかっても腕をお金に変えようよ。


等々、完全に否定的でした。
それは、私たちはそれなりに考えて準備をして、四万十に移住し鍛冶屋になったからです。

地域おこし協力隊の3年間だけで鍛冶屋の技術が身に付く訳がない事も、新たに工場を建てる可能性がある事も、収入がほとんど無い状態が数年続く事も、考えてからここに来ました。

ですので、「クラウドファンディングなんて恥ずかしい。」と思っていました。


思っていました、と過去形にしたのは考えが少しずつ変わってきています。

理由ですが、

  • どれだけ準備してきたと言っても当然資金に限りはある。資金が底をついたら四万十には居られない。
  • 勝秀鍛冶屋を知らない人に知ってもらえるかもしれない。結果がどうであれ宣伝効果がある。
  • お礼(リターン)を製品にすれば技術の向上を見込め、さらに予約販売と同じ事である。


等ですかね。

マイナスよりもプラスの要素が高い気がするけど、結果がショボかったら笑われちゃいますね。
調子に乗るなよ!っても。

そもそも応援してもらえるのか?


悩む~。



【鉈の勝秀】

勝秀鍛冶屋(松村)

〒786-0504
高知県高岡郡四万十町十川233-2
TEL 0880-28-5429

ハクビシンがフレンチに?!

こんにちは「その嫁」です。

昨年の話しですがアナグマを食べた続きです。

アナグマが我が家に届いた時期は、ほぼ毎日タヌキ、ハクビシン、キツネ、イタチ(車に跳ねられた)と、色々我が家に集まりました。

その頃、大正の図書館でジビエバイブルを借りていました。その本ではフレンチやイタリアンの日本人シェフがジビエの調理方法を紹介しています。。捌き方も込みで。

その本の凄いところは野鳥はキジに始まりヒヨドリ、カラスなど、動物はウサギやツキノワグマアナグマハクビシンと日本人なら「うぇ?!」と思うものまで紹介しているのです。つまりフランスやイタリアではジビエは当たり前だと言うことなんですよね。

と、前置きが長くなりました。

では本日の食材でございます~(^^)
f:id:kajiya40010:20190203104748j:image

ハクビシン(雄)です。畑の近くで獲れたものです。事前に綺麗に洗ってくださいね、次に必ず準備して欲しいものが…
f:id:kajiya40010:20190203104922j:image

よく切れる刃物です。「鍛冶屋見習い」が作った解体用の刃物です。皮を剥いで肉をトリミングしたら、今回は背中ともも肉を使います。

酒と塩、ミカン果汁でマリネしてから弱火でじっくりローストします。(野生のものなので中まで必ずしっかり火を通します。)

はい!完成!召し上がれ
f:id:kajiya40010:20190203200024j:image

ハクビシンの脂はバターのように濃厚なので、付け合わせはサッパリと食べられるようにホウレンソウをワインビネガーで軽くマリネしたものと、ジャガイモを合わせました。

上からはシンプルに塩と胡椒で(^^)

美味しかったですよー!!!

ウソじゃ無いよ~!本当にクセが無い。

ハクビシンは果物が好きなので、畑で美味しいものしか食べてなかったのでしょう。

その生き物が何を食べていたかで肉の味が決まるのです。

今まで食べたジビエの中でも1番美味しいかも。友達に食べて貰いましたが「うわ~!美味しい!フレンチの味だ~」と褒めてくれましたー!ヤッター\(^o^)/

 

 

 

我が家に来たら鹿とイノシシは常備してますから、食べたい人は直接来てね。 

おしまい

 

家に赤鬼さんが来た!

こんばんは「その嫁」です。

明日からは2月、年が明けてから1月も終わりです。時が経つのは早いなぁ~と年々感じている今日この頃。

2月と言えば節分、節分と言ったら鬼、鬼と言ったら保育園児ですよね~!(^^)

さあ鬼さん!出番ですよ!保育園児に大人パワー…もとい、鬼パワーを見せつけるのです!出でよ赤鬼~!! ギャハハ!来たぞ~!

顔が怖すぎるだろ~!(去年、肌色の耳が見えている~と騒がれ、お面を外されそうになったのです)

保育園児よ、お面を外そうとして下の顔を見てチビるなよ~!!


f:id:kajiya40010:20190201080445j:plain

なぜ赤鬼が来たかというと、棍棒のメンテナンスをして欲しくて訪ねてきました。ついでに相棒のミドリ鬼の包丁も直して欲しいって。(ミドリ鬼が見たい人は十和地域起こし協力隊のブログか何かにあると思います)
f:id:kajiya40010:20190131214441j:image毎年「鍛冶屋見習い」が鬼の武器を作っています。棍棒も包丁も赤鬼に頼まれて作りました。鬼の武器を作れるから「鍛冶屋見習い」と「赤鬼さん」は友達なのです。

昨年は「赤鬼さん」がカレンダーを見間違えて節分よりかなり早く来ちゃった。まだ包丁は完成していないのにね(^^)左下に作りかけの包丁の先が見えています。笑f:id:kajiya40010:20190131214404j:image

仕方がないのでお泊まりして (^∇^)
f:id:kajiya40010:20190131223126j:image

「悪い子」が居るか予習してから保育園に行きました。
f:id:kajiya40010:20190131214740j:imageしかし一部の保育園児の間で「赤鬼さん」の中身は「鍛冶屋見習い」疑惑が出ていたので証拠を見せて来ました。f:id:kajiya40010:20190201080649j:plainイヒヒ、ビックリしていましたよ~( ´艸`)明日は保育園に「悪い子はいねが~?!」と赤鬼さんとミドリ鬼がやって来るぞ。(これだば、すっかどナマハゲだじゃ) 笑

さあ明日が楽しみだ!保育園に行かねば!「その嫁先生」は楽しみで夜眠れないかも~

 

あ、忘れていました「赤鬼さん」と一緒に小っちゃい赤鬼も居ましたよ。f:id:kajiya40010:20190201080558j:plainf:id:kajiya40010:20190201080621j:plain

ぜんぜん強くないので棍棒が重くて持てません。「見なかった事に…」と言ってさっさと鬼の国に帰って行きました。

(「赤鬼さん」のお話しは「その嫁先生」が写真を見せながら保育園児にお話しました。反応が面白かった~(^^))

 

おしまい

 

 

ガマの油じゃないよタヌキ油だよ

こんにちは「その嫁」です。

 

年が明けてからだいぶ経ちましたね。ブログの更新が遅くなりました。

寝ていたワケではありませんよ。

毛皮鞣しに忙しくて…と言い訳をしていますが其れは置いといて。

皆様【タヌキの油】はご存知ですか?

私は高知県四万十町に引っ越すまではほとんど知りませんでした。話しで聞いたことがあるかな~?ぐらいでした。

高知県には【タヌキの油】が売っています。売っている場所は主に山間部の道の駅。何処にでもあるわけではありません。

しかもごく少量しか入っていなくて、小瓶で1個2000円位。

目玉が飛び出る!?スーパー高級品です。

近所のオンチャンやオバチャンに「何に使うの?」と訪ねると

「傷や火傷に塗ると効くで~!」

「風邪の時に耳掻き1杯飲んだらいい」

「飲んだら熱冷ましになるで」

「(病気なら)何にでも効くで」

ファッ?!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)万能薬なのか?!

何処まで本当かは謎で科学的な根拠は無いけれど、昔から薬として重宝されているようです。(火傷はタヌキ油で保護されるから何となく理解できますが…)

でも今は作る人がほとんど居ません。なぜなら薬局に行けば薬が手に入るから。それに猟師もタヌキが罠にかかっても逃がしたり、殺してもわざわざ毛皮や油のためには取って帰らないから。

「その嫁」はすぐ思った。

タヌキの油作ってみよう。山間部の四万十町なら需要はあるはずだ!

 


f:id:kajiya40010:20190121185225j:image

はい~

作ってみましたタヌキ油。毛皮を取る時についでに取って置いた脂を精製してみました。


f:id:kajiya40010:20190121011744j:image

さあ沢山できたぞ。タヌキのラベルシールも作ったぞ。

「大正の道の駅辺りで売ってみようか?」「流石に2000円だと高過ぎて売れないよなぁ~」などと考え事をしていたら、
f:id:kajiya40010:20190121012109j:image

料理中に「その嫁」は火傷をしました。キビナゴの南蛮漬けを作っていたら油がはねました。齢四十も近くなると火傷の類いは跡が残るのです。
 
f:id:kajiya40010:20190121012356j:image

自分用のタヌキ油はこんな感じです。薄いクリーム色でタイガーバームみたいな感じ。鼻を近づけると微かに(タヌキ臭)匂う?かな。
f:id:kajiya40010:20190121014234j:image

塗った感じは軽くスーッと伸びます。指先の温度ですぐ溶けます。臭くありません。

さあ、効果はどんなもんでしょう。

この後お風呂に入ったのですが、いつもならこの位の火傷でも湯船に浸かるとヒリヒリしますが全然平気でした。

タヌキ油の保護作用!綺麗に治るといいなぁ。

罠にかかって逃がしてもらえなかったタヌキ達よ命は無駄にはしないぞ!

しかし肉は捌いている時から臭くてダメだ!食べられない!ジビエバイブルを読んで勉強します。それまでは…ごめんよ~

 

おわり。

 

 

 

 

 

2019 新年の御挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

 

昨年中は皆様に応援して頂き、順調な鍛冶屋見習い生活を送ることが出来ました。

嫁共々、感謝申し上げます。

(この絵は毎年嫁が書く年賀状の絵です。今年は私が10年やっていた事と、ワールドカップが日本で開催されるのでラグビーです。嫁は猪を獲物と見ています。)

f:id:kajiya40010:20190101010858p:plain

 

今年は自分の工場を完成させ、鍛冶屋製品を製作し販売することを目標としています。

 

ですが技術がまだまだですのでしばらくは師匠のところへ通いながら、ベルトハンマーなどの機械類を調達し工場の整備を少しずつ進めていきます。

鉈の練習もどんどんやっているところですので、それなりに出来たものは見習い価格で販売出来るかもしれません。

ブログの中で報告もしていきたいと思います。

 

今年もどうぞ、勝秀鍛冶屋見習いの菊池とその嫁を、よろしくお願いいたします。

 

[鉈の勝秀]
勝秀鍛冶屋
〒786-0504
高知県高岡郡四万十町十川233-2
TEL 088-028-5429